社労士 資格支援制度

社労士|「資格支援制度」を利用するメリットとは?

同じ国家資格とは言え、資格取得にかかる費用は資格により異なります。

 

注目度の高い資格である社会保険労務士の資格ですが、一体どれくらいの費用で資格を取得することができるのでしょうか?

 

学習スタイルによっても異なる資格取得費用

全くの独学の場合には、テキスト代として数万円と試験の受験料9000円が資格取得費用となります。

 

しかし、1回で合格するのが難しい場合もありますがので、2回受験することを考えるなら5万円かそれ以上の費用が必要になってくるでしょう。

 

通信講座の場合、選ぶ講座によって費用の差が生じます。通信教育大手であるヒューマンアカデミーやユーキャンなどの場合は、受講内容によってかかる費用も変わり、およそ6万円ほどから19万ほどとなっています。

 

もしも社会保険労務士の資格をスクールに通って取得しようと考えた場合としては、短期の講座はではなく最低でも半年以上から1年といった、受講期間が長い講座がほとんどになります。

 

これほど期間が長い講座であるにも関わらず、受講料に関しては20万円以下の講座が多く、本試験の受験料を合わせたとしても、約20万円ほどで社会保険労務士の資格を取得することができるようです。

 

資格支援制度を利用してみよう

比較的大きな企業であれば福利厚生の一部として、社員が資格を取得するのを援助する制度があります。

 

それらを上手に利用することによって、社会保険労務士の資格を会社を通して取得できるかも知れません。

 

それぞれの企業によって、どれほど支援してもらえるか、またそもそも資格支援制度なるものが存在するか、事前に確認しておくようにしましょう。

 

支援に際して規定や条件等が存在する場合もあるでしょう。

 

出来るだけ費用を抑えてキャリアアップしたいと思うのであれば、社会保険労務士の資格取得がどれほど企業に貢献することになるのか、企業側に理解してもらう必要があるかも知れません。