社労士 資格 取得方法

社会保険労務士(社労士)|資格の取得方法!

国家資格である社会保険労務士の資格は、近年非常に人気のある資格となっているようです。

 

その秘密は、独立開業をすることもでき、また企業内で働くこともできるという選択肢の幅と安定した職業であるという点にあると言えるでしょう。

 

そんな社会保険労務士の資格を取得するには、いったいどうすれば良いのでしょうか?

 

資格を取得するためにすべきこと

試験範囲が広く、難易度の高い試験と言われている社会保険労務士の資格試験ですが、これに合格しないことには社会保険労務士と名乗ることはできません。

 

そのため、試験勉強をする必要がありますが、ただ漠然と試験勉強をしただけでは。なかなか合格することは難しいかも知れません。

 

社会保険労務士といった職業の仕事内容は、社会保険の手続きや確定申告といった書類作成や提出の代行、また社会保険料の計算や帳簿の作成、コンサルティングなどが主な仕事となっています。

 

そんな会社で働く人々が安心して働けるようサポートする社会保険労務士の資格取得を目指すなら、自分にふさわしい勉強法でとにかくたくさん勉強時間を取り分けることが大切です。

 

今の仕事は勉強だ!と思えるくらい打ち込むべき

他に仕事をしている方が1日に3〜5時間ほど勉強時間を取るのは、きっと大変なことでしょう。

 

しかし、社会保険労務士を本気で目指すのであれば、「自分が今集中すべきは試験勉強だ。」とモチベーションを高めて、1日に勉強する時間を少しでも多く取り分ける努力が必要になってきます。

 

コツコツ独学タイプの方であるなら、早朝の出勤前の時間と休み時間、帰宅してから3~4時間ほどの時間を当てれば1日5時間以上試験勉強する時間を確保することができるでしょう。

 

主婦の方であるなら、家事以外の時間は全て試験勉強に捧げるつもりで勉強に取り組むこともできるはずです。

 

それでも、もしも独学で5時間も勉強する時間を取るのが難しいというのであれば、スクールに通って定期的に勉強をする習慣を身に付けるようにすれば、夢の社会保険労務士の資格取得に、一歩近づくことができるのではないでしょうか。