社労士 就職先

社労士の就職先にはどんなところがある?

せっかく社労士の資格を取得したのですから、できれば資格を活かした仕事に就きたいもの。

 

では、社労士の資格をとったらどういう仕事に就くことができるのでしょうか。

 

具体的に、就くことができる仕事について考えてみましょう。

 

企業の人事や総務といった仕事

企業には「人事部」「総務部」などがあり、ここは社員の年金や待遇についての仕事も行うことが多いです。

 

会社によってどの部署が行っているのかは異なる可能性がありますので、これは最初に調べておきましょう。

 

人事や総務は、企業のなかでも社労士の知識を活かすことができる場所。

 

就職先としては最適な場所になりますので、多くの社労士がこの企業への就職を目指しています。

 

一番いいのは、今働いているところで社労士として働くことです。

 

会社の中で社労士として働かせてもらえれば、就職活動をしなくてすみますよね。

 

社労士試験に合格する人の多くが30代〜40代であるという統計が出ていますので、それを考えれば既に社会人となって実績を積んでいる人が取得する資格であるということがわかるでしょう。

 

スキルアップのために取得する人が多い資格なら、なおのこと会社の中での仕事に役立てたいですよね。

 

自分が働いている会社で役立てることができるかどうかを調べてみた方がよさそうです。

 

社労士の事務所に就職する

社労士は、企業に所属してその中で役割を果たすことが多い仕事ですが、事務所を構えて仕事をしている社労士もいます。

 

こういった事務所に就職・転職をして働くという手もありますね。

 

ただ、社労士事務所があったとしても少人数制で仕事をしていることがほとんどであるため、なかなか求人が出ないという問題があるようです。

 

ただ、社労士事務所で働くことができれば独立のノウハウを身に付けやすいので、その後独立をして事務所を構えたいと考えている人には有利になります。

 

ただ、社労士事務所への就職は非常に難易度が高いですね。

 

コンサルティングを行っている企業など

コンサルティング関連の企業の中には「士業」を雇っているところも多いので、このような企業で働いてみるというのもひとつの手ではないかと思いますよ。

 

コンサルティング関連の仕事で求人を探してみるというのもオススメですね。

 

このように、社労士として働くことができる場所は少なくないものの、就職するとなるとかなりの難易度になりますので注意しなければなりません。