社会保険労務士 試験

社会保険労務士(社労士)試験とは?

何か特別な資格を持っていると就職先を探す際に有利に働くのでは、と多くの方が思うのではないでしょうか。

 

会社勤めを希望される方をはじめ、独立開業するための資格としても人気のある社会保険労務士の資格ですが、その本試験の難しさは非常に有名です。

 

そこで今回は、社会保険労務士試験の概要についてお伝えしたいと思います。

 

試験を受ける前に確認したい受験条件とは?

今現在において、1年に1回のみ実施されている社会保険労務士の試験は、国家試験となります。

 

国家試験と言うだけで、本試験を受ける際は緊張してしまいそうですが、社会保険労務士の試験の概要とはどのようなものなのでしょうか。

 

まず、知っておきたいのが実は社会保険労務士の資格試験を受験できる人には、条件が制定されています。

 

つまり、キャリアアップしたい人であるなら誰でも受験できる資格である、という訳では決してありません。

 

学歴に関しての受験資格として挙げられるのが、学部に関係なく短大・大学・もしくは高等専門学校を卒業した方、もしくは大学で62単位以上習得済みの方、修業年限が2年以上かつ総授業数が1700時間以上で専修学校の専門課程を修了した方、もしくは看護師学校や栄養士の養成施設などといった厚生労働大臣が認めた学校等を卒業した方などが該当します。

 

その他の受験資格について

その他にも実務経験の上では、3年以上公務員の実務経験がある方、弁護士や社会保険労務士法人などにおいて3年以上補助業務についていた方、労働組合の役員や職員として3年以上の実務経験がある方などにおいては、社会保険労務士の受験資格を満たしていると言えます。

 

また、行政書士や不動産鑑定士試験や公認会計士試験、入国警備官採用試験など厚生労働大臣によって認められた国家試験に合格した方、および司法試験予備試験に合格した方なども、社会保険労務士の資格取得のための試験を受験することができます。

 

上記の条件を見る限りでは、高卒などの場合においてこの国家試験を受験することが難しいように思えますが、特に受験条件などを制定していない行政書士の資格を取得した後、改めて社会保険労務士の資格取得を目指すことができるでしょう。