特定社会保険労務士

特定社会保険労務士とは?

社労士の中には「特定社会保険労務士」という職業もあります。

 

もし、あなたが上司に理不尽な理由で虐げられてしまったらどうしますか?

 

セクハラをされた。何も悪いことはしていないのに、不当に解雇されてしまった…。

 

もしこういうことがあったとき、まず考えられるのが「訴訟」です。

 

しかし、訴訟ともなるとお金も時間もかかりますし、何よりかなりの勇気が必要になりますよね。

 

かといって、そのまま放置していれば「何も悪くないあなたが、一方的に悪者にされてしまう」ということも出てくるかもしれません。

 

このような状況を懸念してできたのが、「裁判外紛争解決手続(ADR)」。

 

これは、実際に身近で発生したトラブルを、当事者だけでなく第三者に入ってもらって解決する、という制度です。

 

特定社会保険労務士は、このようなトラブルの中でも「働く人と雇い主側がトラブルになったケース」の時に間に入り、仲裁をしてくれます。

 

特定社会保険労務士になるには

特定社会保険労務士になるには、以下の条件が必要になります。

 

・社会保険労務士の試験に合格し、登録を済ませていること。
・紛争解決手続き代理業務試験に合格していること。
→このあと、厚生労働大臣が認可している研修を受けることでなることができます。

 

社労士は企業と従業員に関わる仕事をすることが多いですが、この特定社会保険労務士に関しては「紛争を解決する」ということで、より企業と従業員に深くかかわることになります。

 

企業と人が健全かつより良い関係をつくることができるように、橋渡しをすることが特定社会保険労務士の役割になりますので、双方にとっていい未来を築くことができるような仕事をしたいですね。

 

「一歩踏み込んだ関わり方をしたい」と考えている人に、特定社会保険労務士はオススメの仕事です。

 

企業側にも従業員側にも言い分があり、それにどう折り合いをつけて調整をするのか、が特定社会保険労務士の腕のみせどころになるでしょう。