社労士 求人

求人状況はどう?

経験者でなければ転職に活かすのは難しい…

社労士の資格に合格する年齢で一番多いのが、30代後半から40代前半であるという統計が出ています。

 

もちろん社労士自体実務経験が必要な試験であるということもそうですが、やはりこの年齢になると「なんとかスキルアップをしたい」と考えることが多く、その手段として社労士試験を受けることが多いです。

 

つまり、社労士になったひとの多くがこの年齢から社労士として仕事を始める、ということですね。

 

ではどうやって働くのか?ですが、やはり試験に合格したとはいえ最初から独立は難しいですし、社労士事務所への就職も難しいと考えて下さい。

 

独立したからと言って、社労士として働いたことのない人のもとにお客さんはきません。

 

また、社労士事務所は少人数制(1〜2人)で事務所を回すことが多いので、求人自体が少ないです。

 

仮に社労士事務所から求人が出たとしても、やはり経験者の方を優遇する可能性が高いので、初心者が内定をもらうことができる確率は低いと考えた方がいいでしょう。

 

どこからはじめるのか?といえば、やはり一番は「自分が働いている会社で、社労士としての経験を積む」ということです。

 

社労士の仕事は就業規則や年金と言った福利厚生に関わるものですので、人事や総務に関わる仕事をしていれば社労士の資格が役にたちますし経験を積むことにもつながるでしょう。

 

独立をしたい場合でも、まずはこういったところで「社労士として働いた実績を作る」ということが重要ですので、試験を受ける前に「社労士の資格をとったとして、そこから実績をつくることができる環境に身をおけるかどうか」を考えておくことが大事です。

 

求人を探す時は、地域の範囲を広げた方がいい

上述したとおり、社労士の資格を活かしての転職や就職は難易度が非常に高いものになっています。

 

求人があったとしても募集人数が非常に少ないことが多く、地域を絞っていては求人自体めったにおめにかかれないということになりかねません。

 

このため、自分が希望した範囲では就職先が見つからないということも覚悟しなければなりません。

 

なので、できれば範囲を広げて就職先を探しましょう。

 

きちんと探せば、少数ではありますが「社労士の資格を持っていれば優遇する」と書いている求人もありますし、条件に合ったお仕事も見つけやすくなりますよ。

 

また、いろいろな媒体を使うこと。

 

ハローワークに行くことはもちろんですが、ハローワークにない求人がインターネットにある可能性もありますので、できるだけ使う媒体を広げてみることもいいお仕事に出会うことができるポイントですね。

 

社労士には求人が増えやすい時期がある

どの業界でもそうですが、やはり忙しい時期には求人が増えます。

 

なので、社労士が忙しくなる時期を狙って求人を探してみるというのもオススメです。

 

社労士が忙しくなる時期は、一般的にみて以下のとおり。

 

・4月→労働保険年度更新
・7月→算定基礎
・?月→年末調整

 

この時期になると、もしかすると社労士の求人が増えるかもしれません。できれば、ハローワークやインターネットを使って求人を探してみることをオススメします。

 

社労士は決して求人が多いとは言えません。しかし、根気よく探すことで「これ」と思える仕事に出会うことができるはずです。