企業内社労士になるには

企業内社労士になるためには

社労士は、人が働くことに関連する法律のスペシャリストとして、活躍する場は広がっています。その中でも特に、企業内社労士は、自分が所属する会社のために働く社労士として、その存在に注目が集まってきています。

 

まだまだ社労士という資格自体の認知度は低く、直接成果が見えにくい面もあり、具体的な仕事内容についても広く知れ渡っていないのが現実です。企業によっては、100%勤務登録を容認してくれない場合もあります。

 

その理由として挙げられるのが、会社の方針としてわざわざ「企業内社労士を配置する必要もない」ことなどがあります。例えば、社労士の有資格者であっても、補佐的な業務であれば、特に登録をしなくても行うことができるのです。

 

ですから、勤務登録をするにあたり、なぜ企業内社労士なのかといった社労士の必要性を社内に浸透させる社内営業も大切です。

 

自分のビジョンを固める

 

生活・人生が人それぞれであるように、会社員&社労士として活躍するパターンは無数の存在します。

 

企業内社労士は会社員であると同時に、士業の一員にもなります。それぞれのフィールドで、労働保険・社会保険・労務管理の専門家として、社労士の資格を最大限に活用していきましょう。

 

社内で社労士の資格をどのように活かしていくのか?という方向性を会社と共有するとともに、自分のビジョンをしっかりと持っておくことが大切です。ビジョンを持つ際に注意すべき点は、資格に依存をしないことです。

 

資格があればどうにかなる、といった安易な考えは危険だといえるでしょう。資格があれば社労士の仕事ができる、社労士関係の仕事がまわってくるといった保障はどこにもありません。

 

受け身になるのではなく、資格があり知識を豊富に持っている自分だからこれができる、といった能動的な姿勢が求められるのです。