社労士 資格 取得

社労士(社会保険労務士)の資格を取得するには?

社労士の資格はどう取得したらいい?

社労士の資格は、以下の条件のいずれかを満たしている人に限り、受験資格があります。

 

学歴

・大学、短期大学、高等専門学校(5年制)を卒業していること。
・大学において、「学士」をとるために必須の学位をとっていること。
・大学において、62単位以上をとっていること。
・旧高等学校令の高等学校高等科、もしくは旧大学令の大学予科・旧専門学校令による専門学校を修了した者。
・上記以外の学校であっても、厚生労働省が認めた学校を卒業していれば受験は可能です。
・2年以上、1700時間以上の課程がある専修学校を卒業していること。

 

資格

規定の資格を持っていると受験資格があります。

 

・司法試験一次試験に合格していること。
・行政書士試験をもっていること。
・国家資格の中でも、厚生労働大臣が認めているもの。

 

実務経験

・公務員として行政機関で働いた経験が3年以上ある。
・公務員であり、労働社会保険諸法令のもとで事務をした経験が3年以上あること。
・社会保険労務士または社会保険労務士法、弁護士もしくは弁護士法の仕事の補助をした経験がある。
・労働組合役員であり、労働組合の業務をした経験が3年以上ある。
・労働組合職員として、または法人・個人従業者として、労働社会の数々の法令にかかわる事務を3年以上やっている。

 

どれか一つでも受験資格を満たしている必要がありますので、自分が受験資格を満たしているのかどうかを必ず確認して下さい。

 

とりあえず、大学を卒業していれば受験資格はあると考えていいいでしょう。

 

非常に難易度が高いことは覚悟する

社労士の資格は比較的受験資格は多くの人にある資格ですが、やはり試験内容は非常に難しく、難易度が高い試験であると言われています。

 

科目が10に分かれている上に、出題範囲が非常に広範囲であること、そして暗記系の問題ばかりであることが難易度を押し上げていると考えて良いでしょう。

 

合格には1000時間が必要とも言われている社労士試験、勉強には計画性が必要です。