社労士 試験 受験資格

社労士(社会保険労務士)|試験に受験資格はある?

人気のある資格だからと言って、全ての人が受験できる資格ではないことが一部の国家試験の難点ではないでしょうか。

 

実は、社会保険労務士試験においても全ての人が自由に受験できる資格ではありません。

 

それでは、社会保険労務士の受験資格とはどのようなものなのでしょうか?

 

どんな人でも受験できる資格ではない

社会保険労務士試験は、全ての人に受験資格がある訳ではありません。

 

学歴・実務経験・厚生労働大臣の認めた国家資格合格といった、3つの分野においてその受験条件が設定されています。

 

学歴

まず学歴においてですが、社会保険労務士試験の受験資格があるのは下記の方となります。

 

@専攻分野を問わず、高等専門学校(5年制)、短大・大学を卒業した方
A大学(短大除く)において62単位以上修得した方
B修業年限が2年以上かつ、総授業時間が1700時間以上の専修学校の専門課程を修了した方

 

実務経験

実務経験において受験資格がある方は下記の通りです。

 

@行政事務に携わって、3年以上の公務員歴がある方
A公務員として労働社会保険諸法令についての事務に3年以上従事した方
B社会保険労務士や弁護士、またそれらの法人業務の補助事務を3年以上経験した方
C労働組合の役員として3年以上従事した方
D労働組合の職員や法人、または個人の従業者として労働社会保険諸法令についての事務に3年以上従事した方

 

国家資格合格

厚生労働大臣の認めた国家資格を合格した方に認められたものとしては、下記の通りです。
@行政書士資格を有する方
A司法試験第一次試験に合格した方
Bその他の国家試験のうち厚生労働大臣が認めた国家試験に合格した方(看護師試験、学芸員試験、税理士試験、不動産鑑定士試験などなど)
■高卒では社会保険労務士試験の受験条件を満たせない?

 

上記にある通り、大卒でなければ社会保険労務士の試験を受験できないと思ってしまいますが、実は高卒の方にもチャンスがあります。

 

高卒でも、厚生労働大臣が認めた国家試験に合格していれば受験資格を取得することができます。

 

つまり、行政書士など高卒でも受験可能な他の該当国家試験を受けてから、社会保険労務士の試験を受けることができるでしょう。

 

回り道のように思えるかも知れませんが、どうしても社会保険労務士になりたいのであれば、チャレンジしてみる価値はあるでしょう。