社会保険労務士試験 問題

社会保険労務士試験にはどんな問題が出題される?

受験者数に対する合格率が低いことで知られている社会保険労務士の試験ですが、本試験では一体どんな試験問題が出題されているのでしょうか?

 

今回は、非常に出題幅が広いことで知られている試験の内容についてご紹介したいと思います。

 

試験の傾向・対策・内容とは?

毎年1回、8月の第4日曜日に実施されている国家試験の社会保険労務士は、今現在においては択一式と選択式での試験となっています。

 

午前に3時間半、休憩を挟んで午後に1時間20分の試験があるので、4時間50分にも及ぶ長丁場です。

 

大切な試験内容としては、@労働基準法及び労働安全衛生法、A労働者災害補償保険法、B雇用保険法。C労働保険の保険料の徴収等に関する法律、D健康保険法、E厚生年金保険法、F国民年金法、G労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識、の全8科目の試験となります。

 

択一式において70問の出題があり、選択式においては40問の出題があります。このことからも分かる通り、100点満点ではなく110点満点になります。

 

それぞれの科目において合格ラインが設定されているので、8科目全てを網羅するつもりで勉強する必要があるでしょう。

 

社会保険と労働保険に関する出題

社会保険労務士という職業に求められる知識は、主に社会保険と労働保険に関する知識であると言えるでしょう。

 

働くことに関しての国の法律に詳しくなる必要がありますが、中でも男女雇用機会均等法やその他の労働基準法や健康保険法、また介護保険法や国民年金法に関する法律に精通していることが求められます。

 

実際に1つの科目でも合格ラインに達しない場合は不合格となり、択一式と選択式どちらかが合格ラインに達していなければ資格取得はできません。

 

合格基準は毎年変わるので一概にこれが全てではありませんが、およその目安としては択一式で7割以上正解、選択式においても7割以上正解する必要があるようです。

 

どの科目、どちらの試験を落としても不合格になってしまうことが、この社会保険労務士が難関であると言われている由縁なのではないでしょうか。