社労士 役割

社労士(社会保険労務士)の役割とは?

企業が正しく向上するために

企業が健全な形で運営をしていくためには、やはり企業が働く社員の環境をきちんと守れるようにならなければなりません。

 

そこで必要になるのが、人を雇う時に適用される決まりごとです。

 

社員が加入している社会保険の問題や、入社から退職までの環境整備、最近いろいろ言われるようになっていますが年金に関する問題などを、解決に導く役割を果たすのが社労士です。

 

働く人の権利や待遇に関するプロと言えば分かりやすいかもしれませんね。

 

企業がしっかりと運営をしていくためのコンサルタント

社員を雇うと、社会保険や年金、雇用保険などの手続きをしなくてはなりません。

 

これらの権利は社員の当然の権利ですので、手続きをしなければ大変なことになってしまいます。

 

この手続きを誰がやっているのかと言えば、企業の総務や経理が行うことが多いのですが、小さな企業だと事業主が行っていることもあります。

 

しかし、事業主はただでさえ忙しいので、このコンサルタント代行までするとなると膨大な仕事量になってしまいますよね。

 

このようなケースだと、社労士に代行依頼がくる可能性もあります。

 

事業主の負担を減らすことで、事業主が別の業務に専念しやすくなりますので、これも企業が健全に運営をしていくための手助けになるでしょう。

 

代行作業ができる社労士は、会社の手続きの重要な部分を引き受け、事業主の負担を減らすことに成功しています。

 

年金相談の重要性

最近あちこちで騒がれていますが、「年金」についての問題を解決することも社労士の仕事のひとつです。

 

「毎月年金をきちんと払ってきたのに、なんだかもらっている年金が少ないような気がする」

 

「年金をもらい忘れてしまった!」

 

など、年金に関するトラブルは意外によく聞かれています。

 

それらの相談にのり、依頼者が抱えている問題を解決することも社労士の大切な役割となっています。

 

こんな時代だからこそ、年金で迷ったり悩んだりすることがありますよね。そんな時、年金のことで迷う人を助けることも、社労士の大きな役割といえるでしょう。