社労士 資格 就職

社労士の資格を取得すると、どんな所に就職できる?

難易度は高いのに人気の高い資格である社会保険労務士の資格ですが、もしもその資格を取得することができたのであれば、一体どんな所に就職することができるのでしょうか?

 

今回はそんな、社会保険労務士の資格が有利に働く就職先についてご紹介したいと思います。

 

難関突破!資格を取得をしたらどこで働ける?

弁護士や医者の資格の様に、その資格を取得すれば活躍できる場所が明白な職業がありますが、どうも社会保険労務士に関しては、重要な仕事の割りにそれほどの知名度を得ていない様です。

 

せっかく難しいことで有名な資格試験を乗り越えて手にした資格ですから、出来るだけ良い条件の仕事場に就職できれば良いと願うのは、当然のことと言えるでしょう。

 

社会保険労務士の主な就職先としてあげられるのは、企業内の人事部や総務部の中の社会保険労務士のポジションです。

 

有資格者として企業で働くことは、経済的に安定したいと望む方にはぴったりな職場と言えます。

 

しかしながら、社会保険労務士のみを募集している企業は少ないという事実を頭の片隅に置いておく必要があります。

 

そのため、最初から社会保険労務士だけを売りにするのではなく、人事や総務で働ける人材で尚且つ社会保険労務士の資格を持っていることをアピールするのが、就職先を見つける際には大切になってくるでしょう。

 

自分の可能性を試したいなら独立開業も!

毎月安定した給料を貰えることが、企業下で働く人々のメリットと言えるでしょう。

 

しかし裏を返せば、ひと度企業の社員となってしまうと、自分の能力を試す機会を逃すことになります。

 

自分の能力に自分で価値を付けることが許される独立開業は、社会保険労務士というそれほど派手ではない職種であるからこそ、試してみるにふさわしい仕事と言えるのかも知れません。

 

しかしながら、独立開業をするとすぐに順風満帆な人生が送れるわけではないでしょう。

 

実際に新規クライアントを作り上げる営業能力があるかどうかが、社会保険労務士という仕事だけではなく、独立開業できる全ての職種に関して言えることなのではないでしょうか。