社会保険労務士 資格 独学

社会保険労務士(社労士)|資格は独学で取得できる?

限られた資金の中で資格取得を目指すのであれば、やはり独学ほどコストパフォーマンスが良い勉強法は他にないのではないでしょうか。

 

やる気と勉強時間さえ確保できればほとんどの資格は取得できるかも知れませんが、国家資格である社会保険労務士の資格は、果てして独学でも取得できるのでしょうか?

 

資格は独学でも大丈夫?

健康保険や雇用保険、また労災保険などへの加入手続きやそれに付随する業務、そして企業の就業規則や賃金台帳の作成などを執り行ったり、資金や人事に関してのコンサルティングをする社会保険労務士。

 

バラエティーに富んだ仕事内容と、労働に関する国の定めた基準を把握し深く理解している必要がある社会保険労務士ですが、そんな仕事の資格を独学で取得するなんて難しいのでは?と感じる方もきっとおられることでしょう。

 

国家資格だけに、格式高い資格であるとも言える社会保険労務士の資格ですが、独学による勉強法でも資格取得は可能であると言えます。

 

ですから、たとえ1回で試験に合格できなくてもいいや、と気長に勉強を続けることが苦にならないタイプの方であれば、独学による勉強スタイルは向いているのではないでしょうか。

 

もしも資格を独学で取得しようと思った場合…

社会保険労務士の資格試験は、その範囲の広さでよく知られています。

 

ですから、ほんの数ヶ月勉強すれば取得できるタイプの資格ではなく、しっかりとした長期的な学習プランを立てて臨むべき資格であると言えるでしょう。

 

しかし全くの初心者がテキストだけを頼りに試験勉強をするのも、先が見えないレースに参加する様な心細さを感じるものです。

 

そのため、およそどのように勉強を進めていけばよいか、またどんな点に焦点を当てればよいかと言ったことを理解するため、限定的に通信教育か講習などを受けてみるのも一つの方法であると言えます。

 

そうして、基礎を学びこれからの大まかな学習プランを自分一人でも立てられ、それを実行できる自信がついた時に始めて、独学に切り替えることを考えることもできるのではないでしょうか。