社労士 社会保険労務士 資格

社労士(社会保険労務士)の資格とは?

社労士になる条件

社労士になるには、以下の条件をクリアする必要があります。

 

学歴について

・4年生の大学を卒業していること、一般教養科目を修了したこと
・短大もしくは高等専門学校を卒業していること
・大学で62単位を超えて取得していること
・専修学校において、総授業時間数が1700時間以上の専門課程を修了していること
・全国社会保険労務士会連合会が個別に短大卒以上の同じくらいの学力があると認めた人

 

実務経験での受験資格

社労士の資格については、特定の実戦経験がある人も受験が可能です。

 

実務経験については、以下のような条件となっていますのでご確認ください。

 

・公務員であり、行政事務の仕事を3年以上していること。
・公務員であり、労働社会保険諸法令の仕事を3年以上していること。
・社会保険労務士または社会保険労務士法人、弁護士または弁護士法人の仕事の補助の事務をした経験がV年以上あること
・労働組合の役員経験があり、労働組合で3年以上働いたことがある人
・労働組合で働く職員、法人、個人事業をやっている会社の社員として労働社会保険に関する事務を3年以上やっていること

 

その他

以下の資格がある人にも受験資格があります。

 

・社会保険労務士以外の国家資格で、厚生労働大臣が認めている資格
→国税専門官採用試験、自衛官採用試験など種類が多々ありますので、詳しくは公式サイトにてご確認ください。

 

資格があると、こんなことができる

社労士の資格を取得することで、仕事の色々な可能性を広げることができます。

 

・行政機関への書類提出が必要になった場合、その代行作業をすることが可能である。
・事務所では帳簿をつけなければならないと決められていますが、この帳簿に関する書類を作れます。
・コンサルティング業務…年金や人事・賃金の体制などについて、相談や手続きを行う仕事です。

 

上から2番目までは社労士しかできない独占業務なので、これらの人材を求めている企業にであれば活躍する場を得られる可能性も大きいですね。

 

特に大きいのが、年金に関する業務

社労士の仕事で、大きな注目を集めているのが「年金に関する相談」です。

 

御存知のとおり、年金に関してはさまざまな問題が起きており、不安を感じている人がとても多いですよね。

 

果たして年金はもらえるのか?年金の手続きって、どうしたらいいのか?年金をめぐる疑問は尽きませんよね。

 

そんな年金に関する相談に乗ることができるのも、社労士と言う職業です。

 

年金に悩んだり、困ったりする人が多いからこそ、その案内人として社労士が活躍し、人々の支えになることができるということです。

 

年金に関する問題は今後もどんどん増えていくはず。

 

それを考えれば、社労士は心強い存在として今後人を支える立場になっていくと考えられます。