社労士 資格 メリット

社労士の資格を取得するメリットとは?

社労士資格を取得すると、具体的にどんなメリットがあるのでしょうか。

 

これから社労士を目指したいと考えている人のために、「どんなメリットがあるのか」について、考えてみたいと思います。

 

会社の仕組みを学ぶことができる

企業で従業員が働くうえで必要な「就業規則」、「社会保険」などを扱うのが社労士の仕事になります。

 

これらのものは、従業員が会社で健全に働くためにどうしても必要になるもの。

 

しかし、残念ながらその仕組みについて「あまり良く知らない」「解らない」という人が多いものでもあります。

 

社労士の資格を取得するうえでは、これらのものについての学習も行っていきますので、自然と企業に関わる決まり事や従業員の権利を学ぶことができるようになるでしょう。

 

これは大変なメリットになります。知識があるということは、自分の身を守ることにもつながるはず。

 

会社がどう成り立っているかを知ることで、何かが発生した時に自分の身を護りやすくなるというのは大変なメリットになります。

 

スキルアップに役立つ

社労士は国家資格であり士業のひとつとなっていますので、取得することで確実にスキルアップにつながること間違いなし。

 

自分が働いている企業の中で使うことができるのはもちろんですが、そればかりではなく独立や転職にも使うことができる資格です。

 

未経験の社労士が転職をするのは難しいですが、きちんと実績を積んだうえでなら転職先の可能性が広がることも嬉しいですね。

 

やはり、士業の資格を持っているというのはいろいろなところで強いです。

 

社労士は非常に難易度が高い資格ではあるものの、士業の中では勉強時間が1000時間と少し低めなので、目指しやすさもあるのかもしれません。

 

このように、社労士資格には目指すポイントもメリットもいっぱい。

 

「将来にわたって使える資格がほしい」と考えた時にオススメの資格ですので、多くの人にチャレンジをしてみてほしいですね。