社労士 資格 期間

社労士資格はどのくらいの期間で取得できる?

通常1000時間程度

社労士は決して取得が易しい資格試験ではありませんので、やはり取得にはそれなりの時間がかかります。

 

参考までに、士業の資格を取得するためにかかる時間は以下の通りです。

 

・新司法試験→8000時間
・弁理士→5000時間
・公認会計士→5000時間
・税理士→5000時間
・司法書士→4000時間
・1級建築士→1500時間
・社会保険労務士→1000時間
・行政書士→600時間

 

これだけみると、社会保険労務士になるために必要な時間は少ないと思われがちですが、1000時間を勉強に費やすというのは非常に大変です。

 

なぜこのように社労士の勉強時間が長いのかと言えば、まず社労士の試験は出題範囲が非常に広いため。

 

10の科目の隅から隅まで出題範囲になりますので、覚えるために膨大な時間がかかります。

 

そして、「できるだけたくさん暗記した人が合格できる試験である」ということ。

 

基本的に、暗記系の問題に関しては学習にかかる時間を削ることができません。

 

出題される問題は暗記できたかどうか解けるようになっていますので、きっちり勉強しないと合格はできません。

 

「なぜなのか」をきちんと考えて学ぶ

社労士資格に必要な知識を効率よく学ぶには、やはり「どうしてそうなるのか」を踏まえた学習をしなければなりません。

 

やみくもに答えだけを覚えるのではなく、「国民年金と厚生年金はどう違うのか、なぜ違うのか」の答えを導き出すような学習方法をすることが必要です。

 

そうやって道筋を立てて学習することで、社労士の試験合格は近いものになるのではないでしょうか。

 

面倒に思うかもしれませんが、こうして「意味」を考えることで決まりごとの流れが解るようになり、流れが解ることで頭に入りやすくもなります。

 

「どういう仕組みで決まり事が成り立っているのか」の流れを調べる→そこに発生する決まりを学ぶという流れで頭に入れておくことが、一番頭に入りやすいです。

 

ここまで出題範囲が広いと、単純な暗記作業だけでは必要な知識を頭に入れることができません。

 

流れから学び、そこに付随する決まりを学ぶという方法をとることが、一番の近道です。

 

そして、やはり「1000時間」という統計が出ている以上1000時間はかかると見込んでおいたほうがいいです。

 

もちろん、1000時間かけなくても合格できる人は合格しますが、やはり統計として1000時間と出ている以上は「このくらいの時間の勉強が必要である」と踏まえて勉強した方がいいです。

 

長丁場の学習になることは間違いありませんので、最初にきちんとした学習計画を立てられることをお勧めします。