社労士 仕事内容

社労士(社会保険労務士)の仕事内容とは?

社労士にしかできない仕事がある

士業にはいわゆる「独占業務」というものがあり、これはその資格を取得している士業のみができる業務です。

 

社労士の場合、独占業務は以下の「1号」「2号」になります。

 

3号業務に関しては、必ずしも社労士しかできないということではありませんが、やはり多くの企業が社会保険労務士を頼ってコンサルティングを願い出ると言われています。

 

1号業務

・労働社会保険に関わっている書類を作成すること。提出すること。
→例えば、健康保険や雇用保険に関する書類作成がこの1号業務にあたります。

 

これらの業務は、社労士の仕事の代表的なものとなります。

 

2号業務

・労働社会保険に関する帳簿を作ること
→労働者名簿や賃金台帳をつくること
→就業規則をつくること など

 

3号業務

・コンサルティング
→人事・労務に関するコンサルティングを実施します。

 

企業の中で社員をどう教育するのか、社員をどこに配置するのかについて、アドバイスを行います。

 

社労士の具体的な仕事内容

社労士の具体的な仕事内容については、以下のとおり。

 

かなり幅披露業務であること、会社の柱を作る業務であることが多いので、社労士の仕事がいかに重要なものかがお分かりいただけるのではないかと思います。

 

就業規則

従業員が働くときは、この就業規則に従って働くことになります。

 

就業規則を作ることもそうですが、変えるときも社労士がその役割を引き受けます。

 

労働社会保険手続

従業員を雇うと、労働保険をつけなければなりませんので、この手続きを実施します。

 

また、年金や健康保険と言った社会保険の手続きも社労士が代行することができます。

 

助成金の申請

助成金がある場合、それを会社に提案します。

 

助成金が降りる場合は、その手続きについても代行を行います。

 

労働問題

「突然解雇されてしまった」などと言う場合、社労士がこのトラブル解決にあたります。

 

労働者の権利をしっかりと守ることができるように、仕事を行っています。

 

労働管理

従業員の労働に関する権利にかかわる相談を請け負います。

 

もちろん、環境を改善するためのコンサルティングも実施します。

 

人事制度について

人事に関する制度をつくること、コンサルティングをすること。

 

★退職金制度
従業員が受け取る退職金に対する相談を請け負います。
また、もちろんコンサルティングも実施します。

 

賃金制度

社員が受け取る賃金に関する相談を受けます。または、「こうしたらどうか」というコンサルティングを行います。

 

賃金は従業員が生活するためにとても大切なものになりますので、きちんとした形にすることが望まれますよね。

 

年金制度

年金のすべてのことについて、コンサルティングや相談を行います。

 

雇用制度

社員を雇用するための制度について、コンサルティングと相談をを実施します。

 

給与計算事務

社員の給与の計算や、事務作業などを行います。

 

この仕事内容を見ても分かる通り、社労士の仕事は会社が健全に運営されていくために必要なことすべてになりますので、社労士の存在が会社にとっていかに重要なものであるかが分かるでしょう。

 

社員が入社してから退職するまでの権利や、企業の運営などについて、一手に引き受けるのがこの社労士の仕事と考えて間違いありません。