社会保険労務士 最短 資格

社労士(社会保険労務士)|最短で資格を取得するには?

効率よく勉強して早く資格取得ができれば、それに越したことはありません。

 

そこで今回は、最短で社会保険労務士の資格を取得するには、一体どうすれば良いのかご紹介していきたいと思います。

 

難関試験を最短で合格できる?

社会保険労務士の資格を取得するまでに必要な勉強時間の平均は、1000時間であるとされています。

 

毎年1回実施されている社会保険労務士の国家試験を1年で合格しようとするのであれば、1日3時間以上は勉強する必要があるでしょう。

 

ほかに仕事をしながらの資格取得勉強だったり、家事や育児の合間を縫っての勉強ならば1日3時間の勉強時間を取り分けるだけでも、きっと大変なことでしょう。

 

ところで、1年よりももっと短い期間で社会保険労務士の資格を取得できないだろうか、と考える方もおられるでしょう。

 

そこで単純計算してみるなら、仮に学生並に1日6時間以上勉強する時間さえ取れるなら、およそ半年でも資格取得が可能であると言えるのです。

 

範囲の広さなどの関係か、1回の受験で一発合格する方が珍しいのが社会保険労務士の資格です。

 

ですから、最短6ヶ月を目指したとしても、もう一度受験する必要が生じた場合、1年後の再試験になるので1年半もの期間が必要になるでしょう。

 

効率よく勉強するなら独学?スクール?

最短で社会保険労務士の資格を取得しようと思っている方が大切に思っていることは、いかに効率よく勉強できるかという点に尽きるのではないでしょうか。

 

やる気ももちろん大切ですが、同時に効率の良さも求められる試験勉強。

 

そうであるなら、右も左もまるで分からない状態からスタートする独学よりも、効率の良い勉強法を長年教えてきた実績を持つスクールに通ったり、試験対策万全の指導を受けることができ、尚且つポイントを押さえたテキストを使用する通信教育などを利用したほうが、はるかに効率が良いと言えるでしょう。

 

特に1回で絶対に合格しようと決めている人であるなら、なおさら学習サポートのしっかりしているスクールや評判の良い通信教育を選ぶことが大切です。