社労士 試験 勉強時間

社労士(社会保険労務士)|試験合格に必要な勉強時間

一般的には、それぞれの資格の難易度に応じて取得期間にも違いがみられます。

 

1日という超短期で取得できる資格もあれば、4年も5年も勉強が必要になる資格も存在します。

 

それでは、男性にも女性にも人気のある社会保険労務士の資格は、一体どれくらいの取得期間となっているのでしょうか。

 

資格の取得期間について

国家資格として日本中どこでも通用する社会保険労務士の資格は、一度取得してしまえば一生役に立つ資格の一つです。

 

また、比較的良い境遇で働ける場合もある故に人気の資格となっていますが、そんな社会保険労務士の資格取得期間はどれくらいかかるのでしょうか。

 

難関試験とも呼ばれる社会保険労務士の資格試験ですが、やはり難関だけあり半年や数ヶ月では合格することは難しいと言えるでしょう。

 

この国家資格の試験が1年に1回実施されることを考えると、準備期間として最低1年は必要であることが分かります。

 

しかしそれでも、1回の受験だけで社会保険労務士になれる方は非常に稀であるため、最低2年以上は資格取得のための勉強に費やす決意が必要です。

 

勉強へのモチベーションを高める

ゴールが目の前に見えていると俄然やる気が出るのが、人間なのではないでしょうか。

 

たとえコツコツ勉強するのが好きな人であったとしても、1年経って目に見える成果がなければ挫折してしまいかねません。

 

そこで大切になってくるのが、勉強へのモチベーションを高めることです。

 

モチベーションが常に高ければ、学習態度にも大きく影響して絶対に社会保険労務士の資格を取得してやろう、と勉強に身が入るのではないでしょうか。

 

今いる自分の状況から脱出したい、なんとしてもキャリアアップして新しい人生を楽しみたい、という強い希望があればこそ、長い道のりである社会保険労務士の資格取得を乗り越えることができるのかも知れません。

 

また、独学ではなくスクールや通信講座を活用することで、幅広い出題範囲の試験である社会保険労務士の国家試験のポイントを知ることができ、効果的に学習することができるでしょう。