社会保険労務士試験 合格

社会保険労務士試験|合格するための勉強のポイント!

社会保険労務士試験に合格することは決して簡単ではありません。しかし、「正しい努力を積み上げた方には、必ず満足のいく結果が伴う試験」であることには変わりありません。

 

これから社会保険労務士の資格取得を目指していく皆様は、ぜひ通信教育などを上手に活用して、コツコツ勉強をして実力をつけていただければ幸いです。

 

また、本屋に行けば社労士試験対策用の書籍が幅広く販売されていますので、自分に合った参考書を手に、自分のペースで勉強を進めていくことをおすすめします。

 

本試験では、古い過去問の類似論点からの出題もあります。例えば、択一式試験、厚生年金保険法の問3で出題された厚生年金基金の問題は、平成15年と17年で類似論点で出題されていますのでよく確認をしておくとよいでしょう。

 

また、過去問題を活用する場合は、過去10年分くらいを目安に進めていくとよいでしょう。本試験で出題される過去の論点はほぼ一通り予習をすることができるでしょう。

 

選択式問題では、知らないから解けない、では対応することが困難なあ難易度の高い試験になります。細かい条文等をやみくもにみても、中々知識は定着しないものです。途方も無い作業になるのでほとんどの人が挫折してしまうでしょう。

 

まずは、基本的な条文を確実に抑えておくことが、ベストな対策だと思います。選択式の問題だけを集めた問題集などを活用してみて下さい。ここでは、最低限抑えておきたい条文を各科目ピックアップをして、選択式と同様の形式の参考書を選ぶと良いでしょう。

 

また過去に社会保険労務士試験で惜しくも不合格になってしまった方は、なぜ自分が合格基準に届かなかったのかしっかりと振り返ることが大切です。基本が疎かだったのか、応用力が足りなかったのか、自分の強みと弱点を見極めて、今後の学習方針を立てることをおすすめします。

 

毎年、あと1点で合格だったのに…という言葉をよく聞きますので、その1点をどうやったら失わずに得ることができたのかを冷静に分析してみるとよいでしょう。