社会保険労務士試験 勉強方法

社会保険労務士試験の効率的な勉強方法とは?

社会保険労務士試験の勉強は、法律科目が中心となるため、法律条文に慣れないうちは、少し難しく感じることもあるかもしれません。しかし、法律の趣旨を理解し、条文の言い回しなどに慣れてくれば、様々なことが理解できるようになり、学習のペースも上がってくると思います。

 

勉強を開始するうえで気をつけるべきポイントをいくつか紹介していきます。

 

まずは、本試験まで短期・中期・長期の計画を立てましょう。本試験までにどのようなスケジュールで何をこなしていけばいいのかを、大まかで構いませんので書いておくと良いでしょう。具体的には、「2月までに問題集を一冊終わらせる」とか、「本試験までに問題集を3回繰り返す」など大きなイメージは持っておいたほうがいいと思います。

 

次に、自分に合った勉強の方法、自分のタイプをなるべく早く見つけることがポイントになります。自分はテキストを読むだけでは中々理解出来ずに、問題を解くことで知識が定着しやすいタイプなのか(問題演習型)、それよりもテキストをじっくりと読むことで問題を解けるようになるタイプ(テキスト熟読型)なのかを知ることは大切です。

 

また自分は、どのような時間帯に、どんな場所で勉強するのが最も集中できるのかを、知ることにより勉強も効率よく進めていけるでしょう。

 

最後に全体を抑えることが大切です。あまり1つの所で悩まず、深入りせず、どんどんと学習を進めていきましょう。今は理解が出来なくても、他の科目を学習していくうちに理解できる部分も出てくるでしょうし、頭の片隅にあることが突然繋がり出して理解できることもあると思います。

 

効率的に時間を活用するためには、まずは全体を捉えることが、結果的に効率のよい学習方法になるでしょう。