企業内社労士

企業内社労士のビジョンの持ち方

会社が小中規模の場合に多いケースになりますが、総務と人事が一体化していたり、経理にも関わらず総務のような業務も兼ねている場合など、管理部門の中で自分が事実上「社内の何でも屋さん」であるケースが挙げられます。

 

そこに企業内社労士という人事・労務管理・社会保険の専門家としての強力なライセンスが加わることで、さらに業務の幅は広がり、社内のことを知っている人事・労務管理・社会保険の専門家として頼れるゼネラリストになることも可能です。

 

具体的には、人事部で働くAさんは、経理業務や総務のような仕事も担当することがしばしばありました。企業内社労士となった後も、それはいぜんとして変わりません
でしたが、一部の社員から個人的に年金の相談をはじめとする専門的な質問も受けるようになってきました。

 

人事部に寄せられる質問の多くは、給料・税金・保険のことなど、ライフステージに直接関係するものが多く、人事部は困ったときの駆け込み寺のような存在となってきたのです。

 

質問に答え、困り事を解決するサポートをすることで、社員に満足と、働くことへの安心を与えることができるのです。そこに社労士の資格を取得したAさんが加わり、社内のサービス業としての貢献度が上がったのです。

 

スペシャリストを目指す

 

上記で挙げた例とは異なり、1つの分野のスペシャリストになる道も存在します。例えば、大企業では、所属部署や個人が携われる業務が限定されていたり、会社の業種自体が特殊であるケースも数多くあります。

 

給与計算に携わっているBさんは社労士でもあり、保険料算定の際の標準報酬、社会保険料、所得税や年末調整の関係にも詳しい、とても頼りになる存在です。給与明細上の数字のことなら、Bさんに聞けば大丈夫と周りの評判も上々。

 

他にも、業種自体が特殊である場合も、企業内社労士として活躍するチャンスがたくさんあります。一つ一つの手続きが特殊性がありますから、専門色を強めることができるのです。

 

例えば、建設系の会社であれば、労働保険料や労災保険関係、有事事業関係のプロフェッショナルになることもできるのです。実際の仕事の中で役立つのは、資格ではなく、その人の人間そのものになります。

 

ですから、「社労士の資格がある自分がどうしたいのか」というビジョンをしっかりと持ち、会社にどう貢献できるのか、絶えず能動的に働きかけ、社内にアピールしていく
ことが重要です。

 

そのような意味でも、社労士登録は、1つの大切な過程であることに間違いありません。、登録=ゴールではなく、登録=スタートという認識を持つことが大切です。重きを置くのは、資格以上に、あくまで自分であるということを絶えず意識して業務に取り組んでいきましょう。